体型別の悩みかくしファッション

春になって温かくなると薄手の服を着ることが多くなります。
薄手の服を着て気になることが体型が目立つことです。

太ももが気になるなら、ミモレ丈のスカートがおすすめです。
ミモレ丈とは、ふくらはぎの中ほどで裾が切れる丈のことです。ちょうど足の太い部分は隠して細い部分が見える長さで、体型をカバーしてスタイルよく見せてくれます。
お腹周りが気になるならワンピースやチュニックがおすすめです。ふんわりと裾が広がるワンピースは、春のような軽やかさがあります。
二の腕が気になるならカーディガンを羽織ってみましょう。

春は温かくなってきたとはいえ、朝晩は肌寒く感じることがあります。カーディガンがあれば寒いときにさっと羽織ることができ、日中に気温が高くなってきたら脱いでコンパクトにたたんでカバンにしまうことができます。

カーディガンを着るときには、手首をちらっと見せると細さが強調されます。手首は体の中でも細い部位で、この部位が見えることで全体的にすっきりとした印象になるのです。

どのような服でもそうですが、暗い色は明るい色よりも体を引き締めてみせてくれます。しかし、春に黒を着ていては暗すぎます。ピンクや黄色など明るい色を着るときには、グレーがかったようなものを選ぶと、着やせ効果が期待できます。

コメントは受け付けていません。