40代の等身大の装い

40を過ぎると体形の崩れも気になりはじめますよね。でもここで注意したいのは、体形カバーを気にしすぎて、だらしない服装にならないようにすることです。肩を出したトップスや、ミニスカートといった、年不相応の洋服は避けますよね。それと同様に、あまりに体のラインを隠すような、ダボっとした服も年不相応に見えます。服を選ぶ際に一番大切なのは、その洋服が自分自身に似合っているかどうかです。おすすめなのは、ナチュラルで体形が目立ち辛いワンピース。一見誰にでも似合いそうなアイテムですが、着こなすのが意外と難しい。自分に似合う形のものを選ぶのが重要です。そうは言っても、自分に似合う形が分からない…そんな方は、スカートの丈に注目して選んでみましょう。短すぎると、年不相応に見えます。逆にマキシ丈ほど長いと、野暮ったく見える可能性があります。ひざ下から足首が見えるくらいの丈のものがおすすめです。また、リネン素材のワンピースはリネンの素材感が強すぎて、メリハリなく見えてしまうことがあります。そんな時は、ブローチをつけると印象がガラッと変わります。ブローチはシンプルなものでも、個性的なものでも、どちらでも構いませんが、小さいものよりも大きいものの方がバランスが取れるのでお勧めです。

コメントは受け付けていません。